ミニマリストを目指す。お気に入りの見分け方とクローゼットの断捨離

こんにちは、NY在住イラストレーター兼経営者のChloeです。

 

ケリーのブログで沢山の方がこのブログを知って、フォローしてくださったり、沢山反響をいただいており、本当にありがたいです!!

私は一般庶民なので、頻繁にデザイナーズアイテムを購入したり、お買い物記事をアップすることはできないと思うのですが・・・(毎月のようにケリーバーキンアップするキラキラブログかと期待させてしまっていたら、すみません!!笑)お付き合いいただけると嬉しいです 🙂

 

今日は、私の買い物論とミニマリスト、断捨離方法についての話をしようと思います。

 

こだわりの強さから自然とミニマリストに

 

以前少し話しましたが、私、めちゃ!くちゃ!!こだわりが強いんです。

 

買い物(特にインテリア、洋服、バッグ靴)で妥協できないタイプです。

色や素材等何か気になるところがあると絶対に使わないのが分かっているので、ちょっと欲しくても、スパっと諦めます。

 

セールで安いから必要ないものも買う、みたいなこともしないです。その代わりに、自分のワードローブにないもので、心底惚れ込むアイテムがあればどこまででも清水ダイブします。笑

 

 

あと、使わないものが部屋にあるのが嫌なので、結構躊躇なく捨てたり、売ったりします。

(かなり余談ですが、高校生の時に流行っていた自分のホームページ作り・・ガラケーでHTMLをいじって、めちゃくちゃデコってました笑 そこで自分の着ない洋服をほぼほぼ売り切りました。ポスカとかでデコったノートとかも売ってたかも。これが自分のクリエイター活動と起業欲求の始まりだったのかもしれないと今は思います :))

 

こうやって、自然と本当のお気に入りだけが少しずつワードローブに残るようになりました。

 

あと今ふと思ったのですが、私は10代の頃から色んな都市を転々としているので、少ないモノだけを持ち、フットワークを軽くするクセが付いていると思います。

短期留学も含めて住んだところはニューヨーク、フロリダ、スペイン、東京・・と本当に常にフラフラしています。笑

このへんもまた今度書かせてください!

 

シンプルで本当に良いものを少しだけ

 

そんな感じでもともとあまりクローゼットに物が多いタイプではなかった上に、30歳を迎えて「本当に良いものを少しだけ」というミニマリスト志向が更に高まりました。

 

例えばバッグ。素敵なデザインのバッグは沢山ありますが・・

私はまず自分のワードローブにない用途・色のバッグをしっかり理解した上で欲しいものリストを作ります。

 

いくつか気になるものがあれば、何回もお店に足を運んで、じーーーっくり吟味してから購入するようにしています。

→夫に、また同じの見てる・・いい加減買えば?と呆れられることもしばしば・・

 

例えば黒のバッグは使い易いですが、もし既に黒のハンドバッグを持っている場合は、よっぽどのことがない限り二つ目は買いません。

いやでも、一目ぼれしたどうしても手に入れたいバッグがあって、もし黒がそのバッグのデザインを一番引き立てる色だと個人的に思ったら、買うかも。笑

でも、私はまだ欲しいカラーがいくつかあるので、そんな買い物をするのはきっともっと先だと思います。

 

 

そうやって時間をかけて吟味して手に入れたアイテムは、すごーく愛着が湧きます。

 

あと、何にでも合って、シンプルでクラシカルなデザインが好きなので、おのずと沢山の洋服・バッグが必要なくなってくるというのもあると思います。

 

今私のクローゼットにあるバッグは、どれも絶対に飽きがこない、一生ものだと思ってます。今度、全然少ないですが、私の相棒バッグたちを紹介したいと思います 🙂

 

洋服・バッグとの付き合い方で心がけていること

 

私がモノを増やさない、買い物をする上で心がけていることがいくつかあるのでまとめてみます。

  1. Wish list(欲しいものリスト)を作り、そこにあるもの以外は衝動買いしない
  2. クローゼットを整理して他に同じようなアイテムがないか把握する
  3. 黒ジャケット等ずっと大好きなスタメンアイテムは必ず質の良いものを選ぶ
  4. 見てもときめかないもの+一年を振り返って使った記憶のないものは容赦なく処分する

 

1.Wish List

まずスマホのノートで管理している欲しいものリスト。これは大分昔からやっています。そして常に、永遠に0になることはなく、常にアップデートされます。笑

本当に欲しいか、買おうとしているものと他の欲しいものとの相性はどうか、等頭の整理ができるのでめちゃくちゃおすすめです。

 

2.クローゼットの整理

クローゼットがごちゃごちゃな時。出るわ出るわ・・こんなの持ってたー!!な化石アイテム。

そんなことがないように、春夏と秋冬で衣替えをして(そんなに量もないのでこれもけっこう簡単にできる)、自分の持ち服や足りないものがパッと分かるようにしています。

 

 

3.スタメンアイテム

アラサーともなると永遠に好きであろうアイテム、何回も買い替えているアイテムって決まってきますよね。

私の場合ブルーデニム、黒ジャケット、チノパン、などなど・・そんなアイテムはなるべく定価でサイズが豊富な時に、ちょっと良いブランドで揃えるようにしています。

とは言ってもそんなハイブランドとかではないですが・・。

少なくとも1シーズンで終わりみたいな洋服は買わないです。

 

4.処分するタイミング

過去一年着てなくて、別にときめかなくて、それをいつか着るかも?そんなことはほぼ無いです。笑 冠婚葬祭用のスーツとかは別ですが!

ガンガン捨てて、売ります。自分のお気に入りだけで満たされたクローゼットを見るのは爽快です。

 

売却について

 

廃れてしまった、もうときめかなくなってしまったアイテムの売却。やろうやろうと思ってなかなか腰が重いですよね・・面倒ですもん。

そんな時、私は店舗に行かなくていい事前査定を結構利用します。

 

ちなみに、私が日本で使ったことがあるのはリファスタです。手数料が無料なのと、LINEやメールで気軽に事前査定ができるので店舗に行く前のチェックとして使うのもおすすめです。

 

ミニマリスト・断捨離まとめ

 

こんな感じで私的ミニマリストについて洋服・バッグに限って書いてみました。

 

30代に突入して、買い物の仕方も20代とは随分変わってきたので、頭の整理になりました!!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

では、また。

 

Chloe Takahashi

Chloe Takahashi
ニューヨーク在住のイラストレーター・女性経営者。元外銀IBD。Instagramフォロワーは1.5万人

▽イラストの始め方はこちら。
独学でのファッションイラストの描き方と上達するための3つの方法
▽おすすめスキンケアについて。
オーディナリーが毛穴ケアに手放せない話と、おすすめのルーティーン【The Ordinary】

 

▽更新情報・イラスト・待受配信はこちら♪